いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

大阪の老舗SHOP製です!【アメリカの軍服】特殊部隊迷彩ユニフォーム(ゴールドタイガーストライプ:1stモデル品)とは?1006 🇺🇸 ミリタリー

今回は、1970年代のアメリカ軍迷彩ユニフォームを分析します。

残念ながら大阪の有名老舗ミリタリーSHOPのモデル品ですが、発売当時は注目されましたね!

いわゆるタイガーストライプなのですが、ベトナム戦争中に現地部隊が日本(?)に発注した製品をモデル化しています。

モデル品ながら、当時のデッドストックですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

 

スポンサーリンク

1  アメリカ軍特殊部隊迷彩ユニフォーム(ゴールドタイガーストライプ:1stモデル品)とは?

ベトナム戦争中に旧南ベトナムで開発されたタイガーストライプ迷彩服。

 

当の南ベトナム軍のみならず、アメリカ軍にも大人気でしたね。

 

また戦争の拡大に合わせて主に東アジアの国々は挙ってタイガーストライプ迷彩の衣類を製造、南ベトナムに輸出しました。

 

そんな諸外国の製品は、その殆どが低品質だったのですが、唯一日本の製品だけは別格でとても高品質だったとか?

 

そのため現地の兵士も好んで入手したそうですよ!

 

そのうちアメリカ軍特殊部隊の一部には、南ベトナムの街頭などで私物を入手するのではなく、まとまった数量を日本に発注した部隊がありました。

 

ベトナム戦争では、最後までアメリカ軍に正式に採用されなかったとされるタイガーストライプ。

 

でも小規模の部隊単位なら、非公式でそんなことも可能だったのですね。

(どうせ購入するなら品質の良いものを…と考えるのは世の常ですし。)

 

今回のモデルは、そんな製品を再現した限定生産品になります。

 

その老舗ショップとしては、初めて製造したタイガーストライプのモデル品ですね。

 

発売は当時のミリタリー雑誌でも予告・宣伝されていて、広告を見た私は全ての飲み会をキャンセルして購入に備えたことは言うまでもありません!

独身時代の話ですよ…って誰に言い訳してるの?😅)

 

さてさて、それはどんな迷彩ユニフォームなのでしょうか?

 

今回は、タイガーストライプマニアのみならず、大阪の老舗SHOPファンのあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  全体及び細部写真です!

シャツ
前面
f:id:akmuzifal6489:20220612193956j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20220612194019j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20220612193844j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20220612193859j:image

 

襟周りレイアウト
f:id:akmuzifal6489:20220612193907j:image

 

前合わせはボタンのみ。
f:id:akmuzifal6489:20220612194051j:image

 

タグ
f:id:akmuzifal6489:20220612194013j:image

 

胸ポケット
ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20220612194104j:imagef:id:akmuzifal6489:20220612193840j:image

 


強いテーパー付き
f:id:akmuzifal6489:20220612194028j:imagef:id:akmuzifal6489:20220612193937j:image

 

袖口はボタンで開閉
マチ付きです。
f:id:akmuzifal6489:20220612193848j:imagef:id:akmuzifal6489:20220612193942j:image

 

袖ポケット
こちらもボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20220612194005j:imagef:id:akmuzifal6489:20220612193854j:image

 

ボタンはODのプラスティック製
当時のアメリカ軍ユーティリティー装備に使用されているものに似ていますね。
f:id:akmuzifal6489:20220612193921j:image

 

トラウザーズ
前面
f:id:akmuzifal6489:20220612194046j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20220612193951j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20220612194059j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20220612194000j:image

 

前合わせはボタンとジッパーです。
f:id:akmuzifal6489:20220612193926j:image

 

タグ
f:id:akmuzifal6489:20220612194033j:image

 

左側面レイアウト
f:id:akmuzifal6489:20220612194109j:image

 

腰スラントポケット
f:id:akmuzifal6489:20220612193932j:image

 

ヒップポケット
ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20220612193947j:imagef:id:akmuzifal6489:20220612194009j:image

 

膝ポケット
こちらもボタンで開閉
ヒップポケットと同じ規格?
f:id:akmuzifal6489:20220612193916j:imagef:id:akmuzifal6489:20220612193911j:image

 

膝ポケット(小)
左側のみにあります。
ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20220612194023j:imagef:id:akmuzifal6489:20220612194055j:image

 

ジッパーは当時の「HAMA」を再現
f:id:akmuzifal6489:20220612194037j:image

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

迷彩は、ライトカーキの生地に、カーキ、ブラウン、ブラックを用いて葉、水滴、虎縞のようなパターンを描いています。

各色がお互いに接しないように、ライトカーキで囲むようになっているのが特徴ですね。

(ただし疑問点もありますよ。)

 

生地はコットンツイルで、薄く柔らかくて肌触りがとても良いです。

(パジャマにも使えそう!)

 

デザインは、シャツが胸ポケット×2、袖ポケット。

 

トラウザーズが、腰スラントポケット×2、ヒップポケット×2、膝ポケット×2、膝小ポケットです。

 

標準的な当時の戦闘服形態ですね。

 

全体的な縫製は、正確かつ丁寧で強度も十分です。

 

高品質なモデル品と言えるでしょう!

4  製造とサイズのデータ

・製造又は契約年度 1990年代
・製造場所     日本
・契約会社     日本
・製造会社      〃
・材  質     コットン
・表記サイズ    L-R
         (日本人のL〜XL)
・各部のサイズ(平置)
           シャツ
          着丈 約72センチ
          肩幅 約50センチ
          身幅 約58センチ
          袖丈 約59センチ
           トラウザーズ
        ウエスト 約44センチ
          着丈 約115センチ
          股上 約30センチ
          股下 約88センチ
          裾幅 約21センチ
・状  態     デッドストック
・官民区分     民生品
・入手場所     大阪の老舗専門店
・入手難易度    3(困難)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  まとめ

さて今回のモデルですが、実は入手してすぐに違和感を覚えました。

 

それは

  • 迷彩パターンが画一点過ぎる。
  • 迷彩色調のグリーン(であるはず)が最初からカーキである。

というところです。

 

ベトナム戦争当時も現代と同様、プリントローラーで迷彩生地を量産していました。

 

でも機械の精度がよくなかったために、往々にしてプリントにズレがありましたね。

 

そのため、迷彩各色がくっついたり重なったりするのは日常茶飯事でした。

 

でも、今回のモデルはそんな「誤差」が殆どありません。

 

よく言えば高精度、悪く言えば人間味がない…そんなプリントですね。

(勿論、こんな迷彩生地もあったかもしれませんが…。)

 

次に今回のモデルは、いわゆるゴールドタイガーと呼ばれるモデルを再現しています。

 

これは「生地が日射等で褪色した場合、グリーンがカーキ(またはタン)に変色するタイプ」の迷彩生地が用いられていました。

 

当時のゴールドタイガーストライプ迷彩シャツ
(襟元にODに近いグリーンが残っていて、迷彩各色のプリントズレが確認できますね。)
ベトナム戦争当時のゴールドタイガーストライプ迷彩シャツ

KKワールドフォトプレス発刊コンバットマガジン1989年6月号別冊「PXマガジン」No.19号「ミリタリーサープラスアイテム ベトナム戦争」より引用

 

でも今回のモデル品は、最初からカーキでプリントされていますね。

 

当時の染料は、現代の物と比べると品質的にやや劣っていて、耐候性などは考慮されていませんでした。

 

そのため洗濯や日射ですぐに褪色しましたよ。

(上の写真のように、グリーンはカーキに、ブラウンもカーキに、ブラックはバイオレットに

褪色しました。)

 

それで独特の色調が確立されるのですが…今回のモデルは、その過程を考慮していませんでした。

(もっとも、当時の染料が入手できないので当然というか苦肉の策だとは思いますが…。)

 

製造した老舗SHOPも同じような違和感を感じたのか、後に迷彩生地を修正したタイガーストライプ迷彩ユニフォームを製品化しましたね。

(これも購入して、どこかにあるはずなのですが…😅)

 

そういう意味で、今回のモデルはちょっと惜しい製品でした。

 

でもすぐにゴールドタイガーストライプを着用したい人にとっては最適なモデル品とも言えます。

 

ところで今回のモデルが発売されて、少なくない反響があったせいか、そっくりの迷彩生地で違うメーカーがゴールドタイガーストライプのモデルを製品化していました。

(業界では何かと問題になっていたようです。)

 

それはともかく、ユーザーファーストの視点に立ち、明確なコンセプトを持って高品質な製品を製造する姿勢は、国内外のミリタリーショップでも他の追随を許さない大阪の老舗SHOP。

 

大好きです!

 

これからも、入手困難になったアイテムをモデル化して欲しいですね。

デニソンスモックとかいかがでしょう?

 

ところで今回のモデルですが、すでに(と言いますか、かなり以前に)絶版となり店頭にはありません。

 

でも、時折オークションに出品される場合があります。

(マニアが放出しているようです。)

 

探しているあなたは、自分に合うサイズを見つけたら、入札してみましょう!

 

気長に待っていただけるなら、今回のモデルもオークションに出品予定です。

 

もうしばらくお待ちください!

(開始価格はいつも通り990円、最低落札価格は無しで出品予定です!)

 

今回は、大阪の老舗ショップが製造したモデル品のターガーストライプ迷彩ユニフォームを分析しました。

 

いやー軍装品のモデル品って、本当に面白いですね!

 

それではまた、次回をお楽しみに!

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

参考:他のタイガーストライプ迷彩装備に関する記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com 

    ✳︎     ✳︎     ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


BUZZ RICKSON'S バズリクソンズ ジャケット GOLD TIGER STRIPE JACKET BR14937 メンズ タイガーカモ カモフラ 迷彩 ゴールドタイガー ストライプ タイガーストライプ ミリタリー ミリタリージャケット アメカジ 日本製 カバーオール バズリクソン 東洋

SESSLER(セスラ) TIGER STRIPE JACKET タイガーストライプ ジャケット 【中田商店】 A-1093/1094
 


SESSLER(セスラ) TIGER STRIPE PANTS タイガーストライプ パンツ 【中田商店】 A-1095/1096

 

 

 

スポンサーリンク

Grand symphony

Grand symphony

  • 佐咲紗花
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
グリーンベレー (字幕版)

グリーンベレー (字幕版)

  • ジョン・ウェイン & レイ・ケロッグ
  • アクション/アドベンチャー
  • ¥1528