いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

【ドイツの軍服?】陸軍フレック迷彩スモック(武装親衛隊タイプ)とは? 0548 🇩🇪 ミリタリー

こんにちは!

今回は、ドイツ軍の迷彩スモックを分析します。

最初発見たとき、何かの冗談かパロディ商品かな?…と思いました。

でも数十年後、実際に使用されている写真を見てびっくり!

官給品ではないかもしれませんが、面白いアイテムですね。

今回は、極上品ですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  ドイツ陸軍フレック迷彩スモック(武装親衛隊タイプ)とは?

再統一前のドイツ陸軍は、1980年代にそれまでのODモールスキン戦闘服から、現用のドイツ陸軍迷彩ジャケット(フレックパターン)に装備を改変しました。

 

…これは嬉しかったですね。

(今風に書くと「キター♪───O(≧∇≦)O────♪」という感じでしょうか?」

 

ドイツ軍の迷彩といえば、まずドイツ武装親衛隊迷彩斑点迷彩を思い浮かべるミリタリーマニアも多いと思われます。

 

そのドイツ軍が戦後約40年の沈黙を破って新しい斑点迷彩を採用したのですから、ドイツ軍マニアが喜ばない訳がないですよね。

(パターンと色調は大きく違っていましたが…。)

 

そして後の1990年代に、大阪の「G店」で今回のモデルを見つけました。

 

なんと当時最新であったフレック迷彩生地を用いて、大戦中の武装親衛隊の迷彩スモックを再現してあったのです!

 

しかも、製造はドイツの有名メーカーでした!

(いつか誰かが作るだろうとは思っていましたが…まさかドイツのメーカーが作るとは!)

 

勿論、一目で気に入り購入しました。

(まさか後年ブログで記事にする日が来るなんて…人生ってわかりませんね!)

 

さてさて、それはどんなスモックなのでしょうか?

今回は、現用ドイツ軍マニアのみならず、お手軽な迷彩服をお探しのあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  ドイツ陸軍フレック迷彩スモック(武装親衛隊タイプ)の全体及び細部写真

前面

f:id:akmuzifal6489:20201018125642j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20201018125619j:image

 

前面裏側

ライニングや内ポケットはありません。
f:id:akmuzifal6489:20201018125630j:image

 

背面裏側

官給品の迷彩生地なので、武装親衛隊迷彩スモックのようにリバーシブルではありませんよ!
f:id:akmuzifal6489:20201018125606j:image

 

前合わせはマジックテープです。

これには笑いましたが、簡易的で良いですね。
f:id:akmuzifal6489:20201018125602j:image

 

ウエストには一周ゴムを内蔵
f:id:akmuzifal6489:20201018125558j:imagef:id:akmuzifal6489:20201018125652j:image

 

腰ポケット

パッチポケットです。

マジックテープで開閉
f:id:akmuzifal6489:20201018125614j:imagef:id:akmuzifal6489:20201018125611j:image

 

ストレートですが、手首の部分で絞られていますね。
f:id:akmuzifal6489:20201018125634j:image

 

手首にはゴムを内蔵
f:id:akmuzifal6489:20201018125646j:imagef:id:akmuzifal6489:20201018125622j:image

 

肩付近(上から撮影)

かつての武装親衛隊スモックⅢ型のように、偽装用ループが縫い付けられています。

よく見ると、前後で生地を合わせていますね。

生地の裁断は、武装親衛隊とは大きく異なっていました。
f:id:akmuzifal6489:20201018125626j:image

 

勿論、背面にもループがあります。
f:id:akmuzifal6489:20201018125638j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  ドイツ陸軍フレック迷彩スモック(武装親衛隊タイプ)の特徴とは?

迷彩は現在でも使用されている、標準的なドイツ軍フレック迷彩です

 

濃いグレイグリーンの生地に、ライトグリーン、レッドブラウン、ダークグリーン、グレイ、チャコールグレイで小さな斑点を描いています。

近くで見ると気付きませんが、離れて見ると各色が大まか分かれて見えて、分裂効果を発揮するよう配色されています。

 

デジタル迷彩がまだ普及していなかった頃としては、効果的な迷彩でしたね。

 

生地はコットンとポリエステル混紡のツイルで、軽量です。

裁断は、本体の部分が大戦中のスモックと少々違っていましたよ。

 

デザインは概ね大戦中のスモックを踏襲していますが、前合わせとかポケットにはマジックテープで開閉します。

 

構成は、プルオーバータイプ、襟・エポレットなし、腰ポケット×2で、腰と手首にはゴムを内蔵していますね。

勿論、偽装用ループも再現していますよ!

 

全体的な縫製は正確で、強度も十分です。

とてもパロディ商品とは思えない品質ですね。

これがドイツスタンダードなのでしょうか?

4  ドイツ陸軍フレック迷彩スモック(武装親衛隊タイプ)の製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度    1990年代

 ・製造場所                   ドイツ

 ・契約会社                   ドイツ

 ・製造会社                      〃

 ・材質                          コットン

            ポリエステル

 ・表記サイズ                なし

                           (日本人のL〜XL)

 ・各部のサイズ(平置)  

                                    着丈  約79センチ

                                    肩幅  約50センチ

                                    身幅  約65センチ

                                    袖丈  約64センチ

 ・状態                        中古極上品

 ・官民区分                 民生品

 ・入手場所                 大阪の専門店

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  ドイツ陸軍フレック迷彩スモック(武装親衛隊タイプ)まとめ

購入した当時は、「これは面白い!」と軽い気持ちでコレクションに加えました。

 

それから何十年後に、まさかブログネタになるとは思いませんでしたね。

人生って、相変わらずわからないものです。

 

それはともかく、今回のモデルは官給品ではありませんので、やはりパロディ商品だと思っていました。

(ただ官給品迷彩生地を用いているところが不思議でしたが……)

 

しかし2000年頃でしたか、海外のサイトでドイツ軍が実際に使用している写真を発見して、認識を改めましたよ。

(…もしかしたら部隊単位で購入した非正規品だったかもしれませんが……)

 

さて今回のモデルですが、迷彩はドイツの黒森峰…いえいえ「黒い森」で効果を発揮するべきものですが、日本でも十分な効果が期待できる優れものです。

 

一方デザインは、官給品のように重厚なものではなく、とても簡易な作りでサイズもゆったりしていますね。

例えば普段着で現場まで行って、必要な時に上から被って迷彩服とする…そんな柔軟な使い方ができそうですね。

 

比較的軽量であることも助かります。

小さく折り畳むと、パックの中でも場所を取ることがありませんね。

 

やはりサバイバルゲーム  、狩猟、野鳥観測に使用できそうですよ。

(ただし効果がありすぎて、味方の誤射を誘う場合があります。使用には十分注意してください。😎)

 

ところが、残念なことに2000年以降、日本では一切見かけなくなりました。

 やはりメーカーとしては、一時期のみの生産品であったようです。

 

元々官給品のように体系的に、まとまった数量を製造していないので、絶対数も少なかったようですね。

(それに、商業的にも成功したとは言えないものだったのかも。)

 

あなたが探しているのでしたら、日本や海外のオークションを覗いてみましょう。

 

もしかしたら出品されているかもしれませんよ!

 

今回は、モデル品ながら気合の入った武装親衛隊型ドイツ軍フレック迷彩スモックを分析しました。

次回は、今回のモデルと同じような立場にあるアメリカの迷彩服を分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:他のタイガーストライプ迷彩服はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

他国のフレック迷彩服はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

   ✳︎               ✳︎               ✳︎

Twitterで見つけました。

究極(?)の偽装ですね。

戦車をここまで偽装するのは珍しいですね。

 

もう何本か、水平に丸太を置いておくと完璧かも。

 

でも、この状態で砲撃できるのでしょうか?

 

因みに兵士が着ている迷彩服はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

 

防寒着…欲しいですね💕

 

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


米軍タイプ ブーニーハット ドイツ フレック

新品◆実物 ドイツ軍 フレックカモ 1990年代 イアカバー付きキャップ♪デッドストック ミリタリー 放出品 迷彩 軍物 軍帽子 アウトドア CAP ユーロ 放出品 UK 英軍

ジャーマンタイプ防水布使用75リッター リュックサックフレックターン カモ


ドイツ軍放出品 ゲイター フレクター迷彩 ドイツ連邦軍 ゲートル レギンス 脚絆 フレクターカモ フレックタン フレックターン ミリタリー サバゲー 装備品 短ゲートル 半脚絆 脚半 きゃはん 巻きゲートル 巻脚絆 ミリタリーサープラス ミリタリーグッズ

スポンサーリンク

パンツァー・リート

パンツァー・リート

  • 浜口史郎
  • サウンドトラック
  •  
  • provided courtesy of iTunes