いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

【アメリカの軍服】空軍フライトジャケットMA–1(8279D・1963年製造品)とは? 0608 🇺🇸 ミリタリー

こんにちは!

今回は、アメリカ軍のフライトジャケットMA–1を分析します。

以前、A社の1968年復刻モデル品を分析しましたが、今回は同メーカー製造の官給品になります。

程度の良いMA–1だったのですが、購入動機は別のところにありましたよ!

(今回のアイテムは中古品で、一部お見苦しい写真がございます。🙇‍♂️)

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  アメリカ空軍フライトジャケットMA–1(8279D・1963製造品)とは?

長くコレクションを続けていくと、節目節目で記念的なアイテムに出会うことがあります。

 

それは、時に探していた迷彩服だったり、偶然遭遇したレアアイテムだったりしますね。

 

でも私はそれらの他に、ある暗号を持っていて、その暗号に沿ったアイテムを入手することにしています。

 

その暗号とは…あなたはもうお気付きですね。

 

それは「1963」(昭和38年)です。

 

実は、私の誕生年なんですよね。

 

やや中途半端な年代ながら、「同い年」に何故か親近感を感じてしまいます。

 

特に自衛隊やアメリカ軍のアイテムは、かなり正確に製造年または契約年度が表記しているものがあり、つい見つけて程度が良ければ購入してしまいますね。

 

今回のモデルも、製造は1963年、契約年度は1964年でしたよ。

 

この頃は、いわゆるベトナム戦争の初期に当たります。

 

まだまだ、アメリカが輝いていた頃のジャケットですね。

 

1950年代から使用されているMA–1としては、5番目の型になります。

 

さてさて、同い年のMA–1とは、どんなMA–1なのでしょうか?

 

今回は、フライトジャケットマニアのみならず、1963年(昭和38年)生まれのあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  アメリカ空軍フライトジャケットMA–1(8279D・1963製造品)の全体及び細部写真

前面

A社のMA–1は丸いフォルムが特徴ですね。

f:id:akmuzifal6489:20201218132351j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20201218132112j:image

 

前面裏側

経年変化でしょうか?

内ポケットカブが中央に寄っていますね。

f:id:akmuzifal6489:20201218143332j:image

 

背面裏側

コットン/ウールのインナーライニング(中綿)のせいで、モコモコで重量があります。

f:id:akmuzifal6489:20201219104924j:image

 

前合わせはジッパーのみです。

ストームフラップのステッチはジグザグです。

(ストレートも欲しいですね。)

f:id:akmuzifal6489:20201218132409j:image

 

襟周りレイアウト

A社の製品は、襟ニットが極端に短いものがありますね。
f:id:akmuzifal6489:20201218132154j:image

 

胸ポケット

ダットファスナーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20201218132331j:image

 

ポケット内部の生地は、起毛したグレイのウール製?
f:id:akmuzifal6489:20201218132255j:image

 

タグ

1963年製造、1964年度契約品です。
f:id:akmuzifal6489:20201218132144j:image

 

ダットファスナー

ブラス製でグレイの塗装
f:id:akmuzifal6489:20201218132321j:image

 

左袖のシガレットポケット
f:id:akmuzifal6489:20201218132305j:image

 

ややテーパー付き?

f:id:akmuzifal6489:20201218144807j:image

 

袖のニット

やはり破損していますね。

でも、ニットは個別に販売されています。

(修理もできますよ!)
f:id:akmuzifal6489:20201218132203j:image

 

裾ニット

f:id:akmuzifal6489:20201218132233j:image

 

裾ニットは、後部が破損していました。
f:id:akmuzifal6489:20201218132101j:image

 

背中のステッチもあります。
f:id:akmuzifal6489:20201218132212j:image

 

三角形のパッチ(ワッペン)を縫い付けていた跡がありました。

アメリカ本土防空で使用していたF–102またはF–106の部隊でしょうか?

肩の縫い後から、佐官クラスが使用していたようですね。
f:id:akmuzifal6489:20201218132342j:image

 

内ポケット

ダットファスナーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20201218132122j:image

 

前面裏側、ストームフラップ付近のステッチ

かなり雑ですね。
f:id:akmuzifal6489:20201218132419j:image

 

ジッパー

表裏で使用できるタイプ

刻印は「CC」
f:id:akmuzifal6489:20201218132222j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  アメリカ空軍フライトジャケットMA–1(8279D・1963製造品)の特徴とは?

シェルは、セージグリーンのナイロン製で、最初期型などから比べると、かなりグリーンが強いですね。

(モデルによっては、オリーブグリーンのシェルもあるようですよ。)

 

ライニングは、オレンジで一応リバーシブルですが、オレンジ側には袖ポケットがないなど、不完全リバーシブルですね。

 

インナーライニング(中綿)は、ウールとコットンで、分厚く、重量があります。

(ここは賛否の分かれるところですね🤔)

 

デザインは、エポレットなし、胸ポケット×2、内ポケット×2、袖ポケットで、襟、袖口、裾にはウール製のニットを装備しています。

 

もはや日本では定番のデザインですね。

 

胸ポケットの中は、起毛した生地で、ハンドウォーマーも兼ねています。

(モデルによっては、毛布生地が使用されていますよ。)

 

全体的な縫製は、かなり雑でステッチの線などは揃っていないところもありますが、とにかく頑丈です。

 

過酷な使われ方をして、袖などが擦り切れる場合もありますが、

 

反面、破損しやすいウール製ニットは、何とかしてもらいたい所ですね。 

4  アメリカ空軍フライトジャケットMA–1(8279D・1963製造品)の製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度     1963年

 ・製造場所                   アメリカ

 ・契約会社                   アメリカ

 ・製造会社                     〃

 ・材質                          コットン

 ・表記サイズ               M

                                   (日本人のL)

 ・各部のサイズ(平置)  

                                    着丈  約59センチ

                                    肩幅  約48センチ

                                    身幅  約60センチ

                                    袖丈  約60センチ

 ・状態                        中古上品

 ・官民区分                 官給品

 ・入手場所                 名古屋の専門店

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  アメリカ空軍フライトジャケットMA–1(8279D・1963製造)まとめ

アメリカ軍に各種衣料品を納入しているメーカー製なのですが、かなり雑な造りに驚きますね。

 

「とりあえず、頑丈だったら良いんだよ!」

 

そんな製造者の声が聞こえてきそうです。

(でも、軍装品はそんなものなのかもしれませんね。)

 

やはりニットの破損がありました。

(購入する場合は、よくチェックしましょう。修理もできますが…。)

 

ところで、1963年後暫くしてから、ベトナム戦争は激化・泥沼化して アメリカは次第に暗くなっていきましたね。

 

そういう意味では、今回のモデルは、まだアメリカが「古き良きアメリカ」だった頃の証人なのかもしれませんね。

 

ぜひニットを修復し状態を回復させ、これからの人生を共に生きていきたいジャケットです。

 

因みにアメリカ軍でいうところの1963アイテムは、M51シリーズになります。

 

また、フライトジャケットではL–2B、N–2B、N–3B、WEP、G–1、などがありますが、まだまだ集まっていません。

 

今後も積極的に収集して、いつかブログで紹介したいですね。

 

同い年…大好きです!

 

今回は、自分と同い年のアメリカ空軍のフライトジャケットMA–1を分析しました。

次回は、ちょっと趣向を替えてアメリカ軍の時計を分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:他のアメリカ空軍フライトジャケットはこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

   ✳︎               ✳︎               ✳︎

Twitterで見つけました💕

勿論、あなたの周りにも、きっといますよ!

(優しい視線を投げかけているかも!)

 

いつか会いたいなあ!😍

 

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

America

America

  • サイモン&ガーファンクル
  • ポップ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
I Am a Rock

I Am a Rock

  • サイモン&ガーファンクル
  • ポップ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes