いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

【ドイツの軍服】武装親衛隊迷彩スモック(Ⅲ型・裁断ミスタイプ)とは? 0619 🇩🇪 ミリタリー

こんにちは!

今回は、第二次大戦中のドイツ武装親衛隊迷彩スモックを分析します。

勿論モデル品ですが、今回は何らかの理由で裁断をミスした当時のモデルをわざわざ再現しています。

面白いですね。

(普通はここまでしないのですが…。)

残念ポイントもある中古品ですが、程度は良好ですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  ドイツ武装親衛隊迷彩スモック(Ⅲ型・裁断ミスタイプ)とは?

ドイツ武装親衛隊といえば、各種迷彩服が超有名ですね。

 

中でも迷彩スモックは人気があって、現在でもなお当時の官給品入手は困難です。

(稀少品かつ高額品ですね。)

 

諸説ありますが、1939年に採用されたとされる武装親衛隊迷彩スモック。

(今回のモデルは、1942年頃から採用されたという説があります。)

 

現在でも優れた迷彩とされていて、ロシア軍ではその迷彩パターンをそっくりそのまま採用したりしていますね。

(ロシア軍内では色違いのモデルもあったりします。)

 

言わば、迷彩服という概念が確立されていなかった時代に、ほぼ満点に近い迷彩パターンがいきなり開発されたことになります。

 

しかもスモックとはいえ、まとまった数を製造、支給されていた事実に驚愕しますね。

(ドイツ軍凄い!…でも、何故戦争に勝てないんでしょう?)

 

今回のモデルも、そんなスモックの一種類なのですが、なんと当時のミスを再現している、マニアックな一品です。

 

これも、「大戦中は武装親衛隊の迷彩スモックを製造してたよ!」と豪語するおじさん一派の製品でらしいですね。

(本当でしょうか?)

 

さてさて、あなたはどんな迷彩スモックだと思いますか?

 

今回は、ドイツ武装親衛隊マニアのみならず、迷彩服コレクション初心者のあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  ドイツ武装親衛隊迷彩スモック(Ⅲ型・裁断ミスタイプ)の全体及び細部写真

春夏側前面

f:id:akmuzifal6489:20201229171927j:image

 

春夏側背面
f:id:akmuzifal6489:20201229171853j:image

 

秋冬側前面

「秋」のイメージですね。
f:id:akmuzifal6489:20201229172035j:image

 

秋冬側背面
f:id:akmuzifal6489:20201229172105j:image

 

前身頃は紐で開閉します。
f:id:akmuzifal6489:20201229172207j:imagef:id:akmuzifal6489:20201229171958j:image

 

腰ポケット

ボタンで開閉

今回のモデルは、両面との一個ずつ最初から紛失っしていました。
f:id:akmuzifal6489:20201229172050j:imagef:id:akmuzifal6489:20201229171838j:image

 

ポケット内側の生地はグレイのツイルです。
f:id:akmuzifal6489:20201229171806j:image

 

ウエストには全周にわたりゴムを内蔵
f:id:akmuzifal6489:20201229171823j:image

 

脇の通気孔も勿論再現

f:id:akmuzifal6489:20210104184649j:image

 

袖はほぼストレートです。
f:id:akmuzifal6489:20201229171912j:image

 

手首にはゴムを内蔵
f:id:akmuzifal6489:20201229171750j:image

 

袖や裾には秋冬側に春夏側が回り込んでいます。
f:id:akmuzifal6489:20201229172153j:image

 

肩や背中には偽装用のループが縫い付けられています。
f:id:akmuzifal6489:20201229172136j:imagef:id:akmuzifal6489:20201229172118j:image

 

今回の迷彩生地ですが…
f:id:akmuzifal6489:20201229171942j:image

 

本来なら概ね赤線の部分でカットするのが正規でした。

(確かに、ここでカットしたら不自然な市松模様は無くなりますね。)

でも戦時中の混乱か、当時の官給品でも裁断ミスがありましたね。

今回のモデルは、それをわざと再現しています。

f:id:akmuzifal6489:20201229172017j:image

 

着用例

写真左の兵士が同じパターンの目祭スモックを着用していますね。

(よく見ると全て迷彩パターンの違ったスモックを着用してますね。)

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  ドイツ武装親衛隊迷彩スモック(Ⅲ型・裁断ミスタイプ)の特徴とは?

1994年にホビージャパンから発行された「GERMAN  CAMOUFLAGE  UNIFORMS 1937▶︎1945 [第二次大戦ドイツ迷彩服]」によりますと、今回のモデルの迷彩パターンは「すずかけの樹(プラタナス)迷彩」と外国では呼ばれているようです。

(なんか違和感がありますが…。)

 

配色は、春夏側がライトブラウンをベースに、濃淡2色のグリーンで斑点や雲型を描き、その上からブラックグリーンで大まかで丸い編みかけをプリントしてあります。

 

秋冬側は、同じくタイトブランをベースに、濃淡2色のオレンジブラウンに変更、最後に春夏側同様ブラックグリーンの編みかけを加えています。

(最初ブラックグリーンの意味がわかりませんでしたが、木の幹ではないか?…なんて思いました。)

 

今回のモデルは、このブラックグリーンの模様が一部市松模様のようになっていますね。

 

ここが今回のモデルの「売り」です。

 

本来なら、市松模様の境を裁断するべきなのです。

 

でもわざと違う場所を裁断して製造してありますね。

 

これは当時の官給品にも見られたミス(理由は不明)で、実際に裁断ミスモデルを使用している写真もあります。

 

それを再現した、今回のモデル…なかなかマニアックで素敵ですね。

 

生地はコットンの平織りで、薄く防寒性能はありません

 

デザインは、いわゆるⅢ型で、ウエストのゴム部の下にフラップ付きポケットがあるタイプです。

 

スモックなので、通常制服の上に着用することを前提にデザインされているため、かなり大きいサイズ感ですね。

(当時の官給品は、大きく3種類のサイズがあったという説もあります。)

4  ドイツ武装親衛隊迷彩スモック(Ⅲ型・裁断ミスタイプ)の製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度    1990年代

 ・製造場所                   アメリカ

 ・契約会社                   アメリカ

 ・製造会社                        〃

 ・材質                          コットン

 ・表記サイズ               なし

                             (日本人のL〜XL)

 ・各部のサイズ(平置)  

                                    着丈  約77センチ

                                    肩幅  約54センチ

                                    身幅  約63センチ

                                    袖丈  約66センチ

 ・状態                        中古良品

 ・官民区分                 民生品

 ・入手場所                 ヤフオク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  ドイツ武装親衛隊迷彩スモック(Ⅲ型・裁断ミスタイプ)まとめ

今回のモデルは、比較的面積の広いブラックグリーンが功を奏して、メリハリの効いた迷彩になっていますね。

 

森林の、特に日陰では絶大な効果を発揮しそうです。

 

無雪地帯では、一年を通して利用できそうですよ。

 

サバイバルゲーム、狩猟、野鳥観測、キャンプでのかくれんぼなどなど、多くのシチュエーションで活躍できそうですね。

 

普段着で現場まで行き、実際の活動時にさっと羽織る…そんな柔軟な使い方ができるのも魅力です。

(大きいサイズ感ですので、防寒着の上にも着用できそうですよ。)

 

モデル品というのも、ガンガン使用できて良いですね。

 

ところが、中国製の比較的安価なスモックが台頭してくると、今回のモデルは次第に数が減ってきましたね。

(勿論取り扱っている店舗はあると思いますが…。)

 

また、価格も年々上がってきているような気がします。

 

やはり、安価に入手するためには、ネットのオークションやフリマを利用するのが良いようです。

(幸い、中国製モデル品に今回の迷彩パターンモデルは存在しないようですので、識別は容易ですね。)

 

諦めず、気長に探してみましょう!

 

今回は、モデル品ながら当時の裁断ミスまで再現したドイツ武装親衛隊の迷彩スモックを分析しました。

次回は、アメリカ軍の有名な防寒パーカーを分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:他の武装親衛隊迷彩スモックはこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

 他の武装親衛隊迷彩服はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

   ✳︎               ✳︎               ✳︎

Twitterで見つけました。

 年末年始は仕事なので難しいですが、休日を利用して作ってみようかな?🤔

 

近所には、スズメ、セキレイ、イソヒヨドリさんたちがいます。💕

 

ちょっと楽しみができました!😃

 

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

リリー・マルレーン

リリー・マルレーン

  • マレーネ・ディートリッヒ
  • ジャズ
  • ¥153
  • provided courtesy of iTunes
パンツァー・リート

パンツァー・リート

  • 浜口史郎
  • サウンドトラック
  •  
  • provided courtesy of iTunes