いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

正体不明の熊笹です!【自衛隊装備品】迷彩服(上衣・1型迷彩・アルミジッパー・PX品?)とは?0996 🇯🇵 ミリタリー

今回は、1970年代の陸上自衛隊迷彩服(上衣)を分析します。

いわゆる1型迷彩または熊笹迷彩ですね。

でも細部は官給品と大きな違いがありました!

おそらくデッドストックですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

 

スポンサーリンク

1  陸上自衛隊迷彩服(上衣・1型迷彩・アルミジッパー・PX品?)とは?

一説によると、1965年に採用された迷彩服1型。

 

戦前・戦後を通じて日本で初めて採用された量産型迷彩服でしたね。

(その製造には、民間のミリタリーショップが関係したという説もあります。)

 

量産型とはいえ、その系列においていくつかのバリエーションが存在しました。

 

参考:最初期または試作品と思われる迷彩服1型

 

今回のモデルも、まごうかたなき迷彩服1型なのですが、材質や細部パーツが官給品とは違う珍しいモデルになります。

 

確認はできていませんが、もしかしたら上述のミリタリーショップ製モデル品なのかもしれませんね?

 

さてさて、それはどんな迷彩服1型なのでしょうか?

 

今回はコアな陸上自衛隊装備マニア及び熊笹迷彩ファンのあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  全体及び細部写真です!

前面
迷彩パターンは、1型迷彩の量産型ですね。
でも迷彩色調とパターンが後の量産型とは僅かに違っているように見えますね。
f:id:akmuzifal6489:20220527200806j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20220527200713j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20220527200606j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20220527200617j:image

 

襟はボタンで立てることができます。
f:id:akmuzifal6489:20220527200656j:image

 

前合わせはジッパーのみなのですが…
f:id:akmuzifal6489:20220527200730j:image

 

タグ① 表と裏f:id:akmuzifal6489:20220527200544j:imagef:id:akmuzifal6489:20220527200707j:image

 

タグ②
所属や氏名用でしょうか?f:id:akmuzifal6489:20220527200556j:image

 

エポレット
ボタンに注意!
f:id:akmuzifal6489:20220527200747j:image

 

胸ポケット
ボタンで開閉なのですが、なんと迷彩生地のループで留めます!
f:id:akmuzifal6489:20220527200825j:imagef:id:akmuzifal6489:20220527200528j:image

 

ループ及びボタンアップ!
f:id:akmuzifal6489:20220527200540j:image

 

ジッパー
まさかのアルミジッパーでした!
(勿論「YKK」です!)
そしてグレイのジッパー生地!
f:id:akmuzifal6489:20220527200624j:image

 


補強生地は内側に縫い付けられています…
f:id:akmuzifal6489:20220527200741j:imagef:id:akmuzifal6489:20220527200651j:imagef:id:akmuzifal6489:20220527200645j:image

 

袖口はマチつきでボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20220527200811j:image

 

脇の通気孔
f:id:akmuzifal6489:20220527200601j:image

 

裾サイドにはマチがない量産型タイプ。
f:id:akmuzifal6489:20220527200639j:image

 

ボタンはミックスグレイの一般用
f:id:akmuzifal6489:20220527200735j:image

 

型のライニング
f:id:akmuzifal6489:20220527200753j:image

 

右肩には縫製ミスが!
f:id:akmuzifal6489:20220527200512j:image

 

おまけ

今回の上衣とセットで販売されていました。

(官給品:1979年度契約品)

 

前面
f:id:akmuzifal6489:20220527200817j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20220527200518j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20220527200630j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20220527200534j:image

 

前合わせはボタンのみ
f:id:akmuzifal6489:20220527200457j:image

 

タグ
ネイムタグは雑に取り外されていました。陸上自衛隊迷彩服1型上衣(レプリカ?)タグ

 

右側面レイアウト
f:id:akmuzifal6489:20220527200724j:image

 

腰ポケット

ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20220527200800j:imagef:id:akmuzifal6489:20220527200719j:image

 

膝前面の補強生地は裏側に縫い付けられていますね。
f:id:akmuzifal6489:20220527200523j:image

 


ほぼストレートです。
f:id:akmuzifal6489:20220527200505j:image

 

官給品ボタン
f:id:akmuzifal6489:20220527200703j:image

 

上衣の迷彩パターン

量産型のパターンですが、色調が1980年代のモデルとは僅かに違っていますね。
(ちゃんとワンコとプテラノドンがいますね。)
f:id:akmuzifal6489:20220527200612j:image

 

官給品1型迷彩識別点陸上自衛隊迷彩服1型の官給品識別迷彩パターン

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

迷彩は、ライトグレイグリーン(明灰緑色)の生地に、グリーン、ブラウン、マホガニーブラウンで葉や雲型を描いています。

ライトグレイグリーンが僅かに多色より面積が広く、全体的に明るい色調であることから、あまり隊員さんには評判が良くなかったですね。

 

おまけの下衣とは、パターン、色調とも少々違うようです。
(下衣は中古品で洗濯で褪色していますが、それを差し引いても違っていますね。)

 

上衣・下衣との迷彩パターン及び色調比較

左:おまけの下衣
右:今回のモデル(上衣)

陸上自衛隊1型迷彩服レプリカ及び官給品の迷彩パターン及び迷彩色調比較

 

生地はコットンのツイルで、肌触りが良いです。

 

デザインは、官給品の上衣と似ていますね。

 

構成は、エポレット付き、胸ポケット×2のシャツタイプ…というのは官給品と同じです。

 

官給品との違いは、

  • 胸ポケットのボタンがループで留めるタイプ(ボタンホール付きの生地)
  • 前合わせのジッパーがアルミ製(ブラス製)
  • ボタンが全てミックスグレイの市販品(ダークグリーン(濃緑色))
  • 袖のボタンが1個(2個)
  • 生地がコットン100%(ビニロンとの混紡:おまけの下衣タグ参照!)

というところですね。

(( )は官給品の仕様です。)

 

全体的な縫製は、官給品に比べると少々雑で、今回のモデルに関しては一部に縫製ミスがありました。

4  製造とサイズのデータ

・製造又は契約年度 1970年代

・製造場所     日本

・契約会社     日本

・製造会社      〃

・材  質     コットン

・表記サイズ    1

         (日本人のL)

・各部のサイズ(平置)

           シャツ

          着丈 約83センチ

          肩幅 約47センチ

          身幅 約56センチ

          袖丈 約60センチ

     (おまけの)トラウザーズ

         ウエスト 約44センチ

          着丈 約103センチ

          股上 約34センチ

          股下 約72センチ

          裾幅 約22センチ

・状  態     デッドストック

・官民区分     民生品

・入手場所     香川の専門店

・入手難易度    3(困難)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  まとめ

1970年代に、東京の老舗ショップ(上述の迷彩服1型の開発に携わったと言われている有名店)が、モデル品の1型迷彩生地を用いて、いくつかの迷彩服を製造していましたね。

 

私が確認したのは、

  • アメリカ軍ジャングルファーティーグタイプ
  • 陸上自衛隊1型迷彩服タイプ

の二種類でした。

(万難を排して買っておけば良かったです。後悔後を絶たず!😭)

 

もしかして今回のモデルは、二番目の「陸上自衛隊1型迷彩タイプ」なのかもしれませんね。

(この当時の老舗ショップモデル品には、タグに店名が記載されていたような気がしましたが…?🤔)

 

詳細は不明ですが、今回のモデルは希少ですね。

 

いくつか迷彩服1型をコレクションしていますが、これは異彩を放っていますね。

 

ぜひ同じ仕様の下衣を入手したいところです。

 

実は、オークションサイトにキーワードを登録していて、1型迷彩服(熊笹迷彩)が出品されたらメールが来るように設定しているのですが…一切見かけませんね。

 

特に下衣は、上衣に比べて消耗が激しく、時代を考えると残っている確率は低いですね。

 

それでも諦めず探してみようと思います!

 

今回は珍しいタイプの陸上自衛隊迷彩服1型(上衣)を分析しました。

 

いやー熊笹迷彩って、本当に素晴らしいですね!

 

それではまた、次回をお楽しみに!

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

参考:陸上自衛隊の迷彩服1型及び1型迷彩生地を用いた衣類に関する記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

    ✳︎     ✳︎     ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


防衛省 自衛隊 グッズ レンジャー 帽子 キャップ 識別帽 部隊識別帽 アポロキャップ 陸上自衛隊 陸自 日本製 特別仕様 CAP 精鋭 レンジャー部隊 徽章 記章 桜葉マーク 金銀刺繍 モール付き 前立メッシュ付き オリーブ サバゲー ミリタリー タクティカル ギフト PX品 CAC100

自衛隊グッズ ブーツ 陸上自衛隊 タクティカル 半長靴 合皮

ケンテックス 腕時計 S715M-01 陸上自衛隊モデル カーキグリーン バリスティックナイロンベルト ソーラー 【あす楽】

《5月6日再入荷商品》S&T 64式小銃 G3 電動ガン(電子トリガーシステム搭載)【180日間安心保証つき】【390連マガジン(2本)&陸自迷彩ガンケースサービス】

 

 

 

スポンサーリンク

Grand symphony

Grand symphony

  • 佐咲紗花
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes