いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

【マレーシアの軍服】陸軍迷彩ジャケット(ブラッシュパターン)とは? 0602 🇲🇾 ミリタリー

こんにちは!

今回は、マレーシア軍の迷彩ジャケットを分析します。

デザインはともかく、迷彩パターンはイギリス系のようですね。

東南アジアでは珍しいパターンといえます。

今回のアイテムは中古ですが極上品ですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  マレーシア陸軍迷彩ジャケット(ブラッシュパターン)とは?

1963年に近隣の国と一緒にイギリスから独立したマレーシア。

 

半島と島に国土を持つ変わった国ですね。

 

東南アジアでは、強力な軍隊を保持していることでも有名です。

 

でもどちらかというと、世界中から使える武器や装備を集めてきてる印象がありますね。

 

ポーランドの戦車や装甲車、小銃はオーストリアのAUG、空軍に至ってはアメリカ製戦闘機と旧ソ連系戦闘機を装備しています。補給が大変でしょうね。)

 

個人装備においては、法則通り当初イギリス系でしたが、すぐにアメリカ系に変更されましたね。

 

でも今回のモデルは、デザインはともかくその迷彩パターンやボタンに、それとなくイギリスを感じるものになっていますよ。

 

さてさて、それはどんな迷彩服なのでしょうか?

 

今回は、迷彩服コレクション初心者のあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  マレーシア陸軍迷彩ジャケット(ブラッシュパターン)の全体及び細部写真

前面

f:id:akmuzifal6489:20201211134113j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20201211134222j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20201211134229j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20201211134138j:image

 

前合わせはボタンのみです。
f:id:akmuzifal6489:20201211134203j:image

 

襟周りレイアウト
f:id:akmuzifal6489:20201211134145j:image

 

エポレットはテーパー付きのクサビ型です。

ボタンはグリーンのプラスティック製でイギリス軍タイプの皿型です。
f:id:akmuzifal6489:20201211134057j:image

 

右胸ポケット

ボタンで開閉

ポケットの上にはネイムタグ?
f:id:akmuzifal6489:20201211134123j:imagef:id:akmuzifal6489:20201211134031j:image

 

腰ポケット

こちらもボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20201211134040j:imagef:id:akmuzifal6489:20201211134155j:image

 

左胸ポケット

マレーシア軍のどこかの部隊?
f:id:akmuzifal6489:20201211134106j:image

 

テーパー付き
f:id:akmuzifal6489:20201211134213j:imagef:id:akmuzifal6489:20201211134020j:image

 

袖口はボタンで開閉

面白いことに、マチ部分にボタンがありますよ。
f:id:akmuzifal6489:20201211134131j:image

 

迷彩パターン

デニソンスモックに雰囲気が似ていますね。
f:id:akmuzifal6489:20201211134049j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  マレーシア陸軍迷彩ジャケット(ブラッシュパターン)の特徴とは?

迷彩は、カーキの生地にダークグリーンとマホガニーブラウンを用いて、刷毛で大まかに塗ったようなパターンを描いています。

 

そして所々、刷毛目を表現していますね。

 

どこかイギリス軍のデニソンスモックにも似たパターンです。

 

生地はコットンとポリエステルのツイルで、ごく一般的なものです。

 

デザインは、1980年代のアメリカ軍BDU(バトルドレスユニフォーム)に似ていますね。

 

構成は、エポレット付き、胸ポケット×2、腰ポケット×2でシンプルです。

 

全体的な縫製は、よくある東南アジア製品に見られる粗雑さはなくて、確かな技術を感じさせる丁寧な仕立てですね。

 

強度も十分なようです。

4  マレーシア陸軍迷彩ジャケット(ブラッシュパターン)の製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度    1980年代

 ・製造場所                   マレーシア

 ・契約会社                   マレーシア

 ・製造会社                           〃

 ・材質                          コットン

           ポリエステル

 ・表記サイズ                不明

                                   (日本人のL)

 ・各部のサイズ(平置)  

                                    着丈  約74センチ

                                    肩幅  約51センチ

                                    身幅  約56センチ

                                    袖丈  約60センチ

 ・状態                        中古極上品

 ・官民区分                 官給品

 ・入手場所                 沖縄の専門店

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  マレーシア陸軍迷彩ジャケット(ブラッシュパターン)まとめ

メリハリの効いた迷彩なので、夏のあらゆるシチュエーションで使用できそうですね。

 

サバイバルゲーム、狩猟、野鳥観測、マレーシア軍を再現するヒストリカルゲームなどなど、夢は膨らみます。

 

冬での使用は、その生地の薄さから躊躇しますが、着込むと春秋くらいなら何とかなりそうですね。

 

ただし、日本で見かけることは少ないです。

 

そもそもマレーシア軍の各種装備も目にする機会が少ないですね。

 

それでも大阪の「C店」などでは、時々見かけますので、探しているあなたはちょっと覗いてみましょう。

 

また、海外のオークションでは、比較的頻繁に出品されているようです。

 

マレーシア本国では、すでに今回のモデルはお役御免のようで、新しい各種デジタル迷彩が主流となっていますね。

 

もしかしたら、デッドストックがどこかから出てくるかもしれません。

 

気長に待ってみましょう!

 

私は、同迷彩のトラウザースやハット、そして存在は不明ですがフィールドジャケットを探してみたいと思います。 

  

今回は、珍しいマレーシア軍の迷彩服を分析しました。

次回は、旧チェコスロバキアを分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:他の東南アジア国の装備品はこちらです。⬇︎

 

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

   ✳︎               ✳︎               ✳︎

Twitterで見つけました。

こんな方法でも地球を確認することができるのですね。😃

カメラが見つかって本当に良かったです。👍

 

宇宙へ行ってみたいですね💕

 

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

SHINY DAYS

SHINY DAYS

  • 亜咲花
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
ふゆびより

ふゆびより

  • 佐々木恵梨
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes