いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

古の装備です!【自衛隊装備品】航空自衛隊M43型作業服上下セット(昭和34年〜35年度契約品)とは? 0700 🇯🇵 ミリタリー

f:id:akmuzifal6489:20210321202832p:plain

今回は、1950〜1960年代の航空自衛隊作業服(上下セット)を分析します。

上下で年代は違っていますが、いずれも現在では希少なものですね。

当初は陸上自衛隊とほぼ共通の装備だったというのが興味深いですね。

今回のアイテムは、残念ポイントもありますが、程度は良好ですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

 

スポンサーリンク

1  航空自衛隊M43型作業服上下セット(昭和34年〜35年度契約品)とは?

戦後、警察予備隊から保安隊、自衛隊と名称を変えた自衛隊。

 

なかでも航空自衛隊は陸上自衛隊や海上自衛隊より僅かに遅れて創設されました。

 

旧軍(陸軍と海軍)にはなかった新しい組織だったので当時は苦労の連続だったようですね。

 

創設間もないアメリカ空軍の指導の下、新しい航空戦力を整えていきました。

(アメリカ空軍としても、シンパシーを感じてたのかも?)

 

それでも最初は手探り状態だったようで、関係者の苦労は並大抵ではなかったようですね。

 

そんな当時の航空自衛隊個人装備は、陸上自衛隊とよく似た衣類を支給していました。

 

今回のモデルは、そんな時代の作業服の上下セットになります。

 

やはりアメリカ軍のフィールドジャケットを参考にした、当時の陸上自衛隊作業服と同型のようですね。

 

陸上自衛隊の作業服は、時折見掛けますが、航空自衛隊用はとても珍しいです。

 

さてさて、それはどんな作業服なのでしょうか? 

 

今回は、航空自衛隊装備品マニアのあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  全体及び細部写真です!

上衣

前面f:id:akmuzifal6489:20210321193002j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20210321192740j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20210321193007j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20210321192807j:image

 

襟周りレイアウト
f:id:akmuzifal6489:20210321192755j:image

 

襟はチンストラップで立てることができます。
f:id:akmuzifal6489:20210321192839j:image

 

前合わせはボタンのみ。
f:id:akmuzifal6489:20210321192820j:image

 

タグ
昭和35年(1960年)度契約品です。
f:id:akmuzifal6489:20210321192907j:image

 

エポレットは僅かにテーパーのついたクサビ型
付け根は縫い付けられています。
f:id:akmuzifal6489:20210321192747j:image

 

胸ポケット
ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20210321192928j:imagef:id:akmuzifal6489:20210321192939j:image

 

腰ポケット
ボタンやボタンホールはありません。
f:id:akmuzifal6489:20210321192811j:imagef:id:akmuzifal6489:20210321192835j:image

 


強いテーパー付き
f:id:akmuzifal6489:20210321192743j:imagef:id:akmuzifal6489:20210321192931j:image

 

袖口はメチ付き、ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20210321192842j:image

 

背面内側の肩にあるライニング
後のセージグリーン作業服などと同じデザインですね。
f:id:akmuzifal6489:20210321192923j:image

 

薄く残るサイズスタンプf:id:akmuzifal6489:20210321192915j:image

 

ウエストのドローコードは失われていましたが、ガイドは残っていました。
コードの出口が窄まっているデザインです。
f:id:akmuzifal6489:20210321192831j:image

 

ボタン

濃いODのプラスティック製です。
f:id:akmuzifal6489:20210321192816j:image

 

下衣

前面
f:id:akmuzifal6489:20210321192847j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20210321192735j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20210321192855j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20210321192910j:image

 

前合わせはボタンのみですが、内側の生地が中央よりオーバーラップしていますね。
f:id:akmuzifal6489:20210321192828j:imagef:id:akmuzifal6489:20210321192949j:image

 

タグ
昭和34年(1959年)度契約品です。
f:id:akmuzifal6489:20210321192958j:image

 

右側面レイアウト
f:id:akmuzifal6489:20210321192919j:image

 

腰ポケット
中央にプリーツ付き。
ボタンで開閉。f:id:akmuzifal6489:20210321192802j:imagef:id:akmuzifal6489:20210321192953j:image

 

ベルトループの真後ろは、オフセットされていました。
f:id:akmuzifal6489:20210321193011j:image

 

サイズタグの残骸?
f:id:akmuzifal6489:20210321192751j:image

 

サイズスタンプ
f:id:akmuzifal6489:20210321192858j:image

 

前合わせの小さいボタン
f:id:akmuzifal6489:20210321192824j:image

 

元オーナーが赤い糸で記名
f:id:akmuzifal6489:20210321192851j:image

 

この方式のポケットの欠点
ポケットにたくさん物を入れると、プリーツが開き全体が膨らんで少々見栄えが悪くなります。f:id:akmuzifal6489:20210321192945j:imagef:id:akmuzifal6489:20210321192935j:image

 

今回のモデルは、珍しく当時のベルト(制服・作業服兼用)が付属してました。

f:id:akmuzifal6489:20210321192902j:image 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

生地はODのコットンと化繊のツイルで、少々厚めで硬いです。

 

ゴワゴワしていて、肌触りは良くありません。

 

デザインは、上衣がアメリカ軍M43(またはM50)フィールドジャケットを参考にしていますね。

 

構成は、エポレット付き、胸ポケット×2、腰ポケット×2で、チンストラップやウエストのドローコード(今回のモデルは欠品)も備えています。

 

下衣は、やはり大戦中のアメリカ軍HBTトラウザースを参考にしていますよ。

 

構成は、膝ポケット×2とシンプルです。

 

このポケットは中央にプリーツが付いていて容量が大きいのですが、内容物によっては丸く膨れて見栄えが悪くなる欠点がありましたね。

(後の航空自衛隊グレイ(セージグリーン)作業服下衣も同じデザインでした。)

 

比較的温暖な日本で使用するため、ライニングはありません。

(航空自衛隊の場合は防寒用の専用ライナーがありましたね。)

 

全体的な縫製は正確ですが、少々雑な箇所もあります。

 

また、ボタンですがとても貧弱で、よく割れていますよ。

(今回のモデルもチンストラップ用ボタンが割れていました。😞)

 

今回のモデルは、上下とも「1」(号)ですが、航空自衛隊グレイ(セージグリーン)作業服と身幅は同じくらいですが、丈は短い感じがします。

4  航空自衛隊M43型作業服上下セット(昭和34年〜35年度契約品)の製造とサイズのデータ

・製造又は契約年度 1959〜60年

・製造場所     日本

・契約会社     日本

・製造会社      〃

・表記サイズ    1

         (日本人のL)

・各部のサイズ(平置)

           上衣

        (昭和35年度契約品)

          着丈 約67センチ

          肩幅 約47センチ

          身幅 約58センチ

          袖丈 約54センチ

           下衣

        (昭和34年度契約品)

        ウエスト 約44センチ

          着丈 約102センチ

          股上 約33センチ

          股下 約73センチ

          裾幅 約26センチ

・状  態     中古良品

・官民区分     官給品

・入手場所     ヤフオク

・入手難易度    4(極めて困難)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  航空自衛隊M43型作業服上下セット(昭和34年〜35年度契約品)まとめ

タグ以外は、陸上自衛隊のモデルと全く同じですね。

 

計画的だったのか偶然だったのかわかりませんが、ある意味合理的です。

 

4ポケットのBDUと思えば、使い勝手もなかなかのものですね。

(洗濯を繰り返して生地が柔らかくなったら、さらに着やすくなるのかも。)

 

ただし今回のモデルは、まず入手することはできないでしょう。

 

私も貴重な資料として、大切に保管しておく予定です。

 

さて、航空自衛隊は、その時代の正面装備を着実に整えていった反面、個人装備は置き去りにされていきましたね。

(勇猛果敢・支離滅裂は、当時からだったようです!)

 

現在でもなお、世界レベルからは勿論のこと、他自衛隊や海上保安庁からも大きく離されたままになっています。

 

その負担や皺寄せは、全て隊員に直接掛かってきていますね。

 

航空自衛隊は正面装備同様、個人装備にも力をいれてほしいです。

 

自衛官の心構えの2番目に「個人の充実」があります。

(因みに他は「使命の自覚」「責任の遂行」「規律の厳守」「団結の強化」です。)

 

一刻も早く個人装備もより充実させて、世界一の航空自衛隊になってほしいですね。

 

今回は、古の航空自衛隊作業服(セット)を分析しました。

 

いやー自衛隊装備品って、本当に素晴らしいですね!

 

それでは、また次回をお楽しみに!

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

参考:他の航空自衛隊装備品はこちらです。⬇︎ 

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

    ✳︎     ✳︎     ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


PX品 航空自衛隊 デジタル迷彩服 TC(EC) 上下ベルトセット オールシーズン用 (戦闘服 作業服 BDU デジ迷彩 ジャケット パンツ)

航空自衛隊 デジタル迷彩 作業服用 GIベルト(迷彩服 戦闘服 メンズ レディース)

航空自衛隊 Tシャツ ドライ グレー 半袖 クルーネック メンズ (速乾 ミリタリー サバゲ— コスプレ)

スポンサーリンク

BEST GUY ベストガイ

BEST GUY ベストガイ

  • 村川透
  • 日本映画
  • ¥2037