いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

【アメリカの軍服】陸軍HBTユーティリティカバーオールとは? 0642 🇺🇸 ミリタリー

こんにちは!

今回は、1940年代のアメリカ軍HBTカバーオール(つなぎ)を分析します。

現在でも比較的多く残っているアイテムですね。

当時の写真を見ると、多種多様な職種の兵士が使用していましたよ。

今回は中古品で残念ポイントもありますが、程度は良好ですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  アメリカ陸軍HBTユーティリティカバーオールとは?

第二次大戦中のアメリカ軍が多用した衣類の生地は、概ねサテンとHBTでした。

 

この内HBT(ヘリンボーンツイル:杉綾織)は、薄く頑丈で通気性もある優れた生地でしたね。

(一般的には、力の加わるジッパーの生地に使用されることが多いですね。)

 

アメリカ陸軍は、このHBTの生地で各種ユーティリティ装備を製造しました。

 

今回のモデルは、その中でもカバーオール(つなぎ、ワンピース)のモデルになります。

 

概ね1943年頃に開発されて、一部はベトナム戦争でも使用されていましたよ。

 

さてさて、それはどんなカバーオールなのでしょうか?

 

今回は、大戦中のアメリカ軍マニアのみならず、個性的な作業服を探しているあなたと一緒に、確認していきましょう!

2 アメリカ陸軍HBTユーティリティカバーオールの全体及び細部写真

全体前面

f:id:akmuzifal6489:20210121223305j:image

 

前面上半身
f:id:akmuzifal6489:20210121231038j:image

 

前面下半身
f:id:akmuzifal6489:20210122084458j:image

 

全体背面
f:id:akmuzifal6489:20210122084411j:image

 

背面上半身
f:id:akmuzifal6489:20210122084757j:image

 

背面下半身

f:id:akmuzifal6489:20210121223528j:image

 

前面上半身裏側
f:id:akmuzifal6489:20210121223439j:image

 

前面下半身裏側
f:id:akmuzifal6489:20210121220429j:image

 

背面上半身裏側
f:id:akmuzifal6489:20210122084022j:image

 

背面下半身裏側
f:id:akmuzifal6489:20210121220455j:image

 

襟周りレイアウト

上端のボタンはかなりオフセットされていますね。
f:id:akmuzifal6489:20210121231021j:imagef:id:akmuzifal6489:20210122090804j:image

 

タグ

今回のモデルは、赤い糸で刺繍されています。
f:id:akmuzifal6489:20210121231052j:image

 

左胸ポケット

金属製のボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20210122084715j:imagef:id:akmuzifal6489:20210122084929j:image

 

前合わせはボタンとベルトです。

ガスフラップもあり、都合三重になっているので開閉がとても複雑です。

ジッパーに慣れた方には、とても面倒に感じますね。
f:id:akmuzifal6489:20210121223144j:imagef:id:akmuzifal6489:20210121223330j:imagef:id:akmuzifal6489:20210122090839j:image

 

腰スラントポケット

ポケットフラップの向かって右側は縫い付けられています。
f:id:akmuzifal6489:20210121220404j:imagef:id:akmuzifal6489:20210122085054j:image

 

ほぼストレートですね。
f:id:akmuzifal6489:20210121221155j:imagef:id:akmuzifal6489:20210121223126j:image

 

袖口は金属製のボタンで調整

ボタンはジーンズのようにリベット留めです。
f:id:akmuzifal6489:20210122084826j:imagef:id:akmuzifal6489:20210122090931j:image

 

ベルトバックル

金属製でプレス加工
f:id:akmuzifal6489:20210121223234j:imagef:id:akmuzifal6489:20210121220217j:image

 

裾の調整タブ

金属製ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20210122084649j:image

 

右太腿の細長いポケット

ペインターパンツのようですね。
f:id:akmuzifal6489:20210121231002j:image

 

襟の裏にはボタンが!

用途は何でしょう?
f:id:akmuzifal6489:20210122084619j:image

 

ヒップポケット

オープンタイプで右側のみです。

やはりポケットフラップの片側は縫い付けられていますね。
f:id:akmuzifal6489:20210121231117j:imagef:id:akmuzifal6489:20210122084739j:image

 

ウエスト部

バンドは大半が縫い付けられています。

f:id:akmuzifal6489:20210121223409j:image

 

背面ウエスト部には穴が…。
f:id:akmuzifal6489:20210122085022j:image

 

おまけ

シェルのカラーがやや濃いタイプ

(サイズ36R)
f:id:akmuzifal6489:20210122084540j:image

 

生地の色調差①
左:おまけのモデル

右:今回のモデル
f:id:akmuzifal6489:20210121223510j:image

 

生地の色調差②

左:おまけのモデル

中:今回のモデル

右:初期型HBT生地

 

同じ時期でも大きく色調が変わっていますね。

f:id:akmuzifal6489:20210122084850j:image

 

着用例

f:id:akmuzifal6489:20210214223845j:plain

ライブドアニュースより引用

上は、第二次大戦中に実在した「メンフィスベル」と言う愛称のアメリカ爆撃機の機長と整備兵が握手を交わしている写真です。

 

ジャケットを着用していいる整備員もいますが、ほぼ全員が今回のモデルであるカバーオールを着用しているようです。

 

下半身をみると、色調にばらつきがありますね。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3 アメリカ陸軍HBTユーティリティカバーオールの特徴とは?

生地は上述のとおり、コットンのOD(オリーブドラブ)HBTですが、どちらかというと、OG(オリーブグリーン)に近い色調ですね。

 

標準的なオリーブドラブは、ややブラウンが強いのが特徴です。

(おまけのモデルが本来のODと言えます。)

 

でも当時は同じ製造会社でも、大きく色調が違うモデルがありました。

(おおらかだったのでしょうか?でも、ここは識別する際には要注意ですね。)

 

デザインはエポレットなし、右胸ポケット、左右腰スラントポケット、右ヒップポケット。

 

前合わせはボタンとベルトというのが他にないデザインですね。

 

また、袖、裾には開閉を調整するボタンやタブがあります。

 

全体的な縫製は、意外に正確で強度もあります。

 

今回のモデルはサイズが36R(36インチレギュラー)で、現行のXS(日本人のS)サイズ相当なのですが、通常40インチを着用している私が、何とか着用できるサイズ感です。

 

他のHBT同様、やはりコットンの洗濯による縮みを考慮して、2〜3サイズ大きく作ってあるようですね。 

4 アメリカ陸軍HBTユーティリティカバーオールの製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度    1940年代

 ・製造場所                   アメリカ

 ・契約会社                   アメリカ

 ・製造会社                        〃

 ・材質                          コットン

 ・表記サイズ                36R

                                   (日本人のL)

 ・各部のサイズ(平置)  

                                    着丈  約160センチ

                                    肩幅  約46センチ

                                    身幅  約55センチ

                                    袖丈  約59センチ

                             ウエスト  約43センチ

                                    股下  約76センチ

                                    裾幅  約24センチ

 ・状態                        中古良品

 ・官民区分                 官給品

 ・入手場所                 沖縄の専門店 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5 アメリカ陸軍HBTユーティリティカバーオールまとめ

ガスフラップ(毒ガス侵入防止フラップ)があって、かつ前合わせがボタンなので迅速な着脱は難しいですが、このレトロな感じがたまりませんね。

 

ポケットも比較的多く、一般的な作業には十分使えますね。

 

実際に当時は、各種作業の他に、戦闘にも用いられていました。

 

迷彩スモックなどと合わせて、サバイバルゲーム  、狩猟、野鳥観測にも使えそうですね。

 

幸いまだ多くが現存していて、場合によってはとても安価に入手することが可能ですよ。

 

嬉しいことに、着用している人がまず居ません。

 

個性を出した着こなしが可能ですね。

(でも、本当は保管しておいた方が後々のためかもしれませんね。)

 

今回は、数々の用途に使用できる大戦中のアメリカ軍HBTカバーオールを分析しました。

次回は、旧南ベトナム軍の迷彩服を分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:第二次大戦中のアメリカ陸軍装備はこちらです。⬇︎ 

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

   ✳︎               ✳︎               ✳︎

Twitterで見つけました。

恐ろしいですね。

 

ゆっくり走っていても急に現れるトラック。

 

運よくトラックの手前で停止できても、後続に追突される恐怖!

 

何かもっと早く後続に知らせる方法を考えなければいけませんね。

 

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

SHINY DAYS

SHINY DAYS

  • 亜咲花
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
ふゆびより

ふゆびより

  • 佐々木恵梨
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
Seize The Day (TVSize)

Seize The Day (TVSize)

  • 亜咲花
  • アニメ
  • ¥204
  • provided courtesy of iTunes
はるのとなり (TVSize)

はるのとなり (TVSize)

  • 佐々木恵梨
  • アニメ
  • ¥204
  • provided courtesy of iTunes